婚約指輪の意味とは

結婚という人生のターニングポイントを決める【プロポーズ】のタイミング。
そのタイミングで贈る婚約指輪は非常に重要な役目を果たします。

もちろん、それ自体にこめる想いや価値観は人それぞれです。
さらには指輪ではなく腕時計やネックレスを贈るという人もいます。

しかし、やはり婚約時の定番といえば【指輪】のプレゼントという人が圧倒的多数と言えるかもしれません。
ここでは、なぜ指輪なのか?という点について詳しく解説しています。

指輪に込められた意味

私たちの生活は長い歴史のなかで構築されてきた文化・文明のうえに成り立っています。
そして、それらの概念は様々な地域の特徴を受け継ぎ、混ざり合いながら伝承されてきたのです。
婚約指輪を贈るという文化も、実は古代ローマに発祥したものだと言われています。

当時はプラチナやゴールドといった貴金属ではなく、ただの鉄製の輪でした。
おそらく装飾性はなかったのではないかと思います。
そして、そこに込められた意味は「約束を果たすこと」だったそうです。

今では結婚時に指輪を交換しましたが、当時のローマではあくまでも婚約時に指輪を贈ったそうです。
まさに約束のために使われていた一種のツールだったのです。

しかし、長い歴史のなかで使われ方も次第に変化していきます。
中世の貴族たちが装飾性の高い貴金属などを使ったことが、今に伝わるエンゲージリングの原型だと言われています。

そして、指輪を左手の薬指にはめることは古代エジプトの文化に由来しています。
古代エジプトでは輪はすなわち、太陽と月を意味していました。
これはつまり、絶対的な力を意味していたのです。
そして円の形で終わる事のないループを表現していました。

左手・薬指につけるのは、そこが愛の静脈で心臓とつながっていることに由来しています。
その部分に絶対的な力を意味する輪をつけることで、愛の証としたのでしょうか?
少なくとも、現在から見てみるとロマンチックな印象を受けます。

このように、エンゲージリングには様々な意味が含まれています。
かといって気負う必要はまったくありません。
結婚する二人の価値観を最優先して、一番満足のいくようにすればいいのです。
こちらのサイトに婚約指輪の選び方についての大変興味深い解説があります。どうぞ、ご覧ください。

Copyright© 2013 Let's give an engagement ring All Rights Reserved.