結婚指輪の意味とは

現在では習慣となっているマリッジリングですが、いったいどのような歴史の中で成り立ったのでしょうか?

結婚指輪の歴史は9世紀のローマにまで遡ります。


時のローマ教皇ニコラウス一世によって、誓いのしるしとして指輪を用いるようになったそうです。


リングは途切れることのない永遠の絆を表しています。


また、左手の薬指にはめることにも意味があります。

心臓から繋がる左手の薬指にリングをはめることで永遠の愛を表しているのです。


マリッジリングの習わしがが始まったころは、男性から女性に金の指輪を贈っていたそうです。
逆に、女性からは鉄の指輪を贈っていたそうです。


現在でも金は指輪の定番素材として用いられていますが、鉄の指輪というのは今では中々利用しない素材です。

現在の日本では、結婚指輪・婚約指輪ともにプラチナを用いることが人気です。


永遠に変わらない愛を誓うという部分から、素材も長い年月酸化や変色を起こさない
純度の高い金やプラチナが好まれるようになりました。
こちらのサイトに、ダイヤモンドの価値についての解説があります。

結婚指輪と愛の誓い

結婚式で永遠の愛を誓い、指輪をお互いに交換するという事は誰もが知っている習慣ですが、
今ではその習慣も形だけのものとなってしまい、上記のような歴史と文化の伝承を知っている人も、
それを重視している人もほとんどいないといって過言ではないでしょう。


だからこそ、二人の中で特別な意味や想いを自由に指輪にたくすことが出来るのです。
指輪の形や素材、価格などのルールや決まりは全くありません。


婚約指輪は30万円、結婚指輪は20万円というのが現代における相場ではありますが、
この通りのものを購入する必要は一切ありません。

素材や宝石についてもプラチナとダイヤモンドという組み合わせにこだわる必要はありません。
二人が納得していれば、仮にシルバーリングでも誰にも文句は言われないでしょう。

自分たちだけの「想い」を指輪に込めて、それを指輪の持つ意味にするのが理想的な結婚指輪ではないでしょうか?
こちらのサイトにも、婚約指輪と結婚指輪の違いを紹介しているページがありました。是非参考になさってみてください。

Copyright© 2013 Let's give an engagement ring All Rights Reserved.