結婚指輪と婚約指輪

結婚したい相手と巡り合えプロポーズを心に決めた時、
結婚までの準備や常識に関して意外と知らない事が多いことに気が付く方も多いのです。

例えば、実は指輪は男女一つづつではなく、女性に2つ男性に1つが定番であることや、
結婚指輪と婚約指輪では選び方が異なること、準備に掛かる期間など、得るべき知識がたくさんあります。

一般的に、プロポーズ時に男性から女性に婚約指輪を贈り、結婚後は男女ペアの結婚指輪を付けるとされています。

婚約指輪は、男性から女性に贈る愛の表現とも言えます。

婚約期間が終わり、夫婦となった後も特別な機会などに一生身に付けられるような、
品質が高く品の良い華やかなデザインの指輪を贈るのが定番です。

相場は30~50万円です。
パートナーの好みも優先しつつ、今後必要となる費用から予算もしっかり考えて選ぶのが良いでしょう。

結婚指輪は、パートナー同士が普段から身に付ける指輪で、相場は二人分で20万円ほどです。

二人の誓いや想いが込められた指輪ですので、常に身に付けていられるような、
シンプルで愛着の湧くデザインを選ぶと良いでしょう。

常につけている指輪ですので、装着時に違和感を感じないものを選びましょう。
こちらの「婚約指輪と結婚指輪の違い」http://www.unitedwaywillcounty.org/の記事も是非注目してください。

保証も大切

ファッションリングとは全く異なった意味をもちますので、一生愛用し続けるためにアフターサービスも重要です。

長く使い続ける間に壊れてしまうこともあるかもしれません。
愛用していてだんだんと輝きが失われてしまうかもしれません。
また、体型が変わってサイズがきつくなったり緩くなったりしてしまうかもしれません。

そういう時に、品質保証のようなものがあれば安心です。

サイズ直し・クリーニング・石が外れた時の修理など、永久無料保証しているお店も珍しくありません。

これから結婚式・ハネムーン・新居などに掛かる予算を考えると、少しでも安いほうが…と思うのも当然です。

しかし、一生使うことを前提としたお買い物ですので、品質や保証内容も重視した選び方をすると良いでしょう。

Copyright© 2013 Let's give an engagement ring All Rights Reserved.